ニュース
デジコン編集部 2021.2.6

【コマツ&NTTドコモ】商用5Gによる鉱山向け大型ICTブルドーザー遠隔操作の実証実験、概略を発表 ー「docomo Open House 2021」にてー

コマツ(株式会社 小松製作所)と株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)は、商用5Gによる鉱山向け大型ICTブルドーザー「D375Ai-8」の遠隔操作の実証実験に成功した(2020年11月)。商用5Gを用いた建設・鉱山機械の遠隔制御としては国内で初となる。

そしてこの度、同実験の概略について、2月4日(木)〜7日(日)にかけてオンライン上で開催の「DOCOMO Open  House 2021」に出展。その概略を紹介している。
   
本技術には高解像度カメラと低遅延映像圧縮装置を用いることで、遠隔操作による作業を実現しており、オペレーターは東京都に設置された遠隔操作の卓に座り、遠隔地(大分県)にあるブルドーザーをリアルタイムで遠隔操作、土砂を掘削した。    

 
[商用5Gを利用した鉱山向け大型ICTブルドーザー「D375Ai-8」による遠隔操作] コマツプレスリリース より

遠隔操作卓では、ブルドーザー車載カメラで前後左右や作業機を視認できることに加え、車両の運転席同様にマルチモニターの車両情報とマシンガイダンスモニター(ICT施工専用モニター)でICT施工の状況を確認できる。

コマツとNTTドコモは2017年からこの実証実験の協業を開始。2018年には試験用の5G装置を用いた大型ブルドーザーの遠隔操作デモンストレーションを実現している。


<docomo Open House 2021 開催概要>

名 称: 「docomo Open House 2021~ここから、みんなの、あたらしい社会がはじまる。Hello Transformation.~」

会 期: 2021年2月4日~2021年2月7日
開催時間:10時~18時 (展示担当者とのチャットによる質疑応答対応) 
イベントサイト:https://docomo-openhouse-2021.jp/



※ コマツ ニュースリリースより
※「docomo Open House」は、株式会社NTTドコモの商標です。


印刷ページを表示
WRITTEN by

デジコン編集部

建設土木のICT化の情報を日々キャッチして、わかりやすく伝えていきます。

建設土木の未来を
ICTで変えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。