ニュース
デジコン編集部 2021.11.19

Terra Drone、グリーンレーザー搭載ドローンで「橋梁点検」を実施。潜水士に代わり川底を調査

世界最大の産業用ドローンソリューションプロバイダー「Terra Drone株式会社」が、橋梁点検においてグリーンレーザー測量による洗掘調査を実施した。

河川や水路の上の道路橋では、橋脚部分に上流からの水流が絶えず当たっている。これにより橋脚部分は水流で削られ洗掘を引き起こす場合があり、洗掘が進むと橋脚の基部が露出し橋梁倒壊の原因となるため、定期的に洗掘調査を行う必要がある。

従来、この洗掘調査は潜水士が水中に潜って実施していたため、増水などの影響で水の流れが速い場合、事故の危険性が生じていた。加えて、川底を撮影した写真が不鮮明で洗掘状況の把握が困難な場合も珍しくない。

洗掘調査をグリーンレーザ測量で実施することで、地上の安全な場所から川底の状況を確認できることから、安全性の高い洗掘調査を実現。今回の調査対象河川では、水深3.5メーターまでデータ取得ができ、洗堀状況を3次元データで確認することができた(※調査可能な深さは水の濁り具合等、状況によって異なる)


調査方法


  • UAVグリーンレーザを用いて水中を計測
  • 橋脚部及び陸上エリアはUAVレーザー計測を行い、取得した点群データを水中の点群データと合成

以上、二種類の測量により取得した3次元点群データ(画像1)から、橋脚部分と河床データを表した点群データを作成し(画像2)、洗掘深さ測定値を計測(画像3)。


(画像1:オリジナル点群データ)

(画像2:橋脚部分+河床点群データ)


(画像3:点群データからの洗堀深さ計測値)

(点群データから橋梁の断面図イメージも作成することも可能。断面図イメージ)




印刷ページを表示
WRITTEN by

デジコン編集部

建設土木のICT化の情報を日々キャッチして、わかりやすく伝えていきます。

建設土木の未来を
ICTで変えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。