ニュース
デジコン編集部 2022.6.28

滋賀県建設技術センターに「建設DXブース」が開設。ICT初心者でも楽しく学ぶ機会を

滋賀県土木交通部と公益財団法人滋賀県建設技術センターでは、2022年7月より滋賀県建設技術センター内に「建設DXブース」を開設する。

ブースには、滋賀県内初の最新3Dカラープリンタや遠隔で工事現場を360度見渡せるシステム、立体的に見える3Dディスプレイ、ドローン操作体験などさまざまな最先端技術が用意されている。

ものが立体的に見える3Dディスプレイ

最新3Dカラープリンタ

360度遠隔立合い

ドローン操作体験ブース

センターでは昨年度から本格的に建設DXを推進。「建設DXって何からやれば良いの?」「ドローンの操縦は難しい?」そんな悩みを持った県内の事業者を対象にしたブースになっているという。

  • 場所:滋賀県滋賀県草津市野路六丁目9番23号 公益財団法人滋賀県建設技術センター1F
  • 開館時間:9:00~17:00
  • 展示コーナー:3Dカラープリンタ、360度の工事現場への遠隔臨場、3Dディスプレイ、山手幹線事業のドローンによる工事進捗動画
  • 体験コーナー:VRによる重機事故体験(安全研修)、ドローン操縦体験

  • 問い合わせ先:(公財)滋賀県建設技術センター技術課 TEL:077-565-0216
印刷ページを表示
WRITTEN by

デジコン編集部

建設土木のICT化の情報を日々キャッチして、わかりやすく伝えていきます。

建設土木の未来を
ICTで変えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。