ニュース
デジコン編集部 2021.4.26

イクシス、最新の現場環境を BIM/CIM 上に更新できる 「i-Con Walker」を開発

インフラ向けロボット開発や、AIICT機器開発に特化した株式会社イクシス(神奈川県/以下、イクシス)が、BIM/CIM上で自動巡回ロボットの行動計画を設計し、かつ自動巡回ロボットが現場環境から取得した情報をBIM/CIMに反映する「BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム(i-Con Walker)(以下「i-Con Walker」)」を開発したと発表した。

本技術により、建設各フェーズでの現場の出来高、出来形、点検結果をリアルタイムにBIM/CIM上に反映し各種情報を属性情報に登録・更新することが可能になるという。さらに、更新されたBIM/CIM上で自動巡回ロボットの行動計画を設計することができ、日々変化する現場環境下においても安定した出来高・維持管理が行える。

BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム(i-Con Walker)

国土交通省が推進するi-Constructionにより、建設6フェーズ(測量、設計、施工、検査、維持管理、廃棄更新)を3次元モデルに連携・発展させ事業全体での情報共有を図る「BIM/CIM」の活用が拡大している。



「i-Con Walker」は、最新の現況に更新されたBIM/CIMデータ上でロボットが動作する行動計画を、部材に紐づけた中継点を連続的に指定することで設計し、自動巡回ロボットは中継点間をSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術等を用いて障害物回避をしながら移動し、中継点で指定されたタスク(写真撮影、物資移送、施工、3D出来形計測等)を実施。

SLAM を用いたロボットの自動巡回

その結果は部材の属性データIFC(Industry Foundation Classes)に反映。これを繰り返すことで一連のタスクを遂行するとともに、BIM/CIMデータを最新情報としてリアルタイムに更新することができ、遠隔地のBIM/CIMのCADソフト上で、それらの状況をリアルタイムに観察することができる。

「i-Con Walker」により設計段階で作成したBIM/CIMデータを、日々の更新により、最終的に出来形BIM/CIMを作成することができ、業務の高度化、生産性の向上に寄与できるという。






印刷ページを表示
WRITTEN by

デジコン編集部

建設土木のICT化の情報を日々キャッチして、わかりやすく伝えていきます。

建設土木の未来を
ICTで変えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。