ニュース
デジコン編集部 2021.1.22

【アソビシステム×梶川建設】建設現場のゆるかわストーリーが人気!SNSアニメ『現場の女神』、知ってますか?

2020年に創業115年を迎えた総合建設会社、株式会社 梶川建設(愛知)と、きゃりーぱみゅぱみゅら超人気アーティストを抱え、HARAJUKUカルチャーを世界に発信しているアソビシステム株式会社(東京・渋谷区)が、異例のタッグを組み、従来の建設業界のイメージを刷新すべく、昨年「3K(カワイイ・キレイ・キラキラ)プロジェクト」なるものを立ち上げた。


従来の「3K(きつい・きたない・危険)」というネガティブなイメージではなく、建設業界の「カワイイ・キレイ・キラキラ」した部分にフィーチャーし、新しい建設業界のカタチを発信している。

ゆるかわSNSアニメ『現場の女神』が話題沸騰


そして、昨年(2020年)8月、同プロジェクトの皮切りとして、建設現場にな欠かせない道具をモチーフにイメージキャラクターが制作され、GIF投稿プラットフォーム「GIPHY」にて公開したところ、スタンプの再生回数が全世界で1500万回を上回り、大きな反響を呼んだことからSNSアニメ「現場の女神」が作られることに。

ストーリーのあらすじはこうだ。神様からの使命で、なぜか地球の “建設現場” にやってきた女神たち。違和感なく“建設現場”に潜入すべく、様々な道具のキャラクターに変身(降臨)して調査を開始。道具のキャラクターに変身した女神たちが現場のスタッフと触れ合う中で見えてくるものとは?

【第1話】「すこっぴー降臨」の巻|SNSアニメ『現場の女神』【3Kプロジェクト】

また、キャラクターの声を担当する豪華声優陣にも注目したい。

すこっぴー(CV.田中あいみ)
スコップは仮の姿。どんな悩みにもついつい耳を傾けてしまう今風な女神。Youtuber にも興味津々。


こにぃー(CV.芹澤優)
カラーコーンは仮の姿。口調も冷たく口数少なめのツンデレ女神。しかし、4人の中では一番涙もろい一面も。


めってぃー(CV.伊達朱里紗)
ヘルメットは仮の姿。おっとりな性格、喋りもゆっくりで、眠くなっちゃうことも。でも、細かい部分が気になっちゃう繊細さもある。


ぐんぐん&のんのん(CV.山北早紀)
軍手は仮の姿。双子なのに両極端、意見は右往左往なバラバラ姉妹。白黒(赤青)はハッキリさせたい2人。


すでに全7話の配信を終えており、YouTubeで全て閲覧することが可能。1話3分程度でサクッと観られるから、ちょっとした休憩に、息抜きに、ご覧になってはどうだろうか。


キャラクターが、LINEスタンプになって登場!


さらにこのクセのあるかわいいキャラクター達、LINEスタンプにもなっている。日常で使えるワードだけでなく、建設現場で活用できる“現場用語”も盛り込んでいるので、同僚や上司、後輩とのコミニュケーションに、活用してみてはいかがだろう。

 
 
3Kプロジェクト:https://kajikawa.co.jp/3k_project/ 



SNSアニメ『現場の女神』キャスト:田中あいみ、芹澤優、伊達朱里紗、山北早紀、白石兼斗 / アニメーション制作:ODDJOB Inc. / キャラクターデザイン:いぬもと 森朋子/脚本:成瀬正人 / 企画・原案:アソビシステム株式会社 / 監督:上野勇 / アニメーション:高森萌未 / 作画:いぬもと 森朋子/ 背景:寺松沙蘭/ 音楽・音響効果:繁岡哲全製作:株式会社梶川建設


画像はすべてプレスリリースより

印刷ページを表示
WRITTEN by

デジコン編集部

建設土木のICT化の情報を日々キャッチして、わかりやすく伝えていきます。

建設土木の未来を
ICTで変えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。