ニュース
デジコン編集部 2022.6.24

ソフトバンク、アミューズワンセルフと技術提携。ドローン目視外飛行の検証等を開始

ソフトバンクは、ドローンの開発・販売を行うアミューズワンセルフとの技術提携を発表した。長時間かつ広範囲での安心・安全なドローン運用の実現を目指す。

昨今、インフラ点検や物流、防災などの分野において、ドローンの活用による省人化や業務の効率化が期待されている。

今後、規制緩和によって有人地帯における補助者なしの目視外飛行(レベル4)が可能になることで、これまで以上に広範囲なエリアや用途でドローンの活用が進むと想定されている。

レーザーによる3次元測量を活用した飛行シミュレーションや、長時間飛行できるドローンの技術検証を実施


こうした中、ソフトバンクは、ドローンサービス「SoraSolution」や、ドローンの飛行制御にも活用できる高精度測位サービス「ichimill」を提供している他、ドローン物流などの実証実験を行っている。

この運用基盤の構築には、高精度な3次元地図と、それに基づく上空のLTE環境や飛行ルートのシミュレーションに加え、複数のドローンを運航管理するシステム(UTM:Unmanned Aerial System Traffic Management)などの要素が必要となる。



また、河川や港湾、森林といった広域の点検を効率的に行うためには、長時間飛行ができるドローンも求められる。そこでソフトバンクは、高精度な3次元地図の作成に必要なレーザー技術を持ち、6時間以上の長時間飛行が可能なハイブリッドドローンを開発するアミューズワンセルフとの技術提携を行った。

ソフトバンクは、アミューズワンセルフのレーザースキャナー測量で高精度な3次元地図を作成し、ドローンの目視外飛行のシミュレーションなどに活用する技術検証を開始する。

また、6時間以上の長時間飛行が可能なアミューズワンセルフのハイブリッドドローンを、2022年秋をめどに「SoraSolution(ソラソリューション)」のラインアップとして追加する予定だ。


ソフトバンク SoraSolution

画像:ソフトバンクプレスリリース
印刷ページを表示
WRITTEN by

デジコン編集部

建設土木のICT化の情報を日々キャッチして、わかりやすく伝えていきます。

建設土木の未来を
ICTで変えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。