ニュース
デジコン編集部 2022.4.6

スキャン・エックスが「ローカスブルー株式会社」に社名を変更。3Dデータに関わるあらゆる事業開拓を視野に

クラウド 型 3D 点群処理プラットホーム「スキャン・エックス」を提供するスキャン・エックス株式会社が、2022年4月1日より社名を変更。「ローカスブルー株式 会社(英語表記:Locus Blue)」として今後事業展開を進めていく。

ローカスには「座標、空 間、軌跡」、ブルーには「地球、宇宙」といった意味が込められており、「世界中のあらゆる産業の 3D データの民主化に貢献すること」をミッションに掲げる。

今後は、クラウド型 3D 点群処理プラットホーム「スキャン・エックス」だけでなく、3D データに関わる別製品の開発など、事業範囲を拡大していく。

旧社名:スキャン・エックス株式会社  ▷  新社名:ローカスブルー株式会社

なお現在の「スキャン・エックス」は 3D 点群処理プラットホームのサービス名として存続し、サー ビスドメイン(scanx.jp)や担当者の連絡先にも変更はない。

スキャン・エックス製品ページより

加えて、2021年より開発を進めている大規模リニューアルを伴うアップグレード版「スキャ ン・エックス 2.0」のリリースを2022年6 月に予定している。


クラウド型点群解析プラットホーム スキャン・エックス:
https://scanx.jp/


印刷ページを表示
WRITTEN by

デジコン編集部

建設土木のICT化の情報を日々キャッチして、わかりやすく伝えていきます。

建設土木の未来を
ICTで変えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。