コラム・特集
平田 佳子 2020.11.27

メガソーラー建設地Wi-Fi構築プロジェクトを成功。 最先端Wi-Fiソリューションを提供する「PicoCELA」に迫る【後編】

CONTENTS
  1. 電気も電波もない広大な山岳地で、Wi-Fi環境構築に挑戦
  2. カメラを取り付け、巨大な現場の効率化を実現
  3. 現場全体をWi-Fi化し、データ活用も含めたソリューションへ
独自の無線通信技術で建設現場のWi-Fi環境を整え、建設業界のICT化を支えてきたPicoCELA株式会社 (以下 ピコセラ) 。前編に続き、ピコセラにて建設業界を担当する営業本部の加藤智成氏に、西松建設株式会社と共同して取組んだメガソーラー建設地でのWi-Fi環境構築プロジェクトや今後の目標を中心に話をうかがった。

電気も電波もない広大な山岳地で、Wi-Fi環境構築に挑戦


ーー 西松建設と共同でメガソーラー建設地でWi-F環境を構築したと発表がありましたが、プロジェクトの背景を教えていただけますか。

加藤氏 
西松建設さんのメガソーラー建設工事ではまずは通信インフラの構築が必要でしたが、山岳地で67ヘクタール (東京ドーム約13個分) もの面積があり、電波も電気もなくて……。

PicoCELA株式会社 営業本部 加藤智成氏

また、現場の業務進捗や安全性を確認するために見回りにいくだけで車で2時間もかかり、現場状況をリアルタイムで把握しにくいという課題もありました。そこで西松建設さんから、「カメラで巨大な現場の見守りをしたい」と話があったんです。

ーー なるほど。そもそも電気もないんですね……。

加藤氏
それで最初につなぐ電源をどうしようかと考えていたところ、西松建設さんから「ソーラーシステムと連動させてはどうか」というアイデアをいただき、ソーラーと蓄電池で電気を蓄えて電源を確保しました。


そして、ピコセラ製品「PCWL-0410」11台と指向性アンテナ10個を設置し、Wi-Fi環境を構築していったんです。そして、各Wi-Fi機器にWebカメラを接続していきました。

ーー 指向性アンテナとはどんなものでしょうか。

加藤氏
「PCWL-0410」では360°全方位で通信可能な無指向性アンテナが搭載されていますが、通信距離は100m程度なので、67ヘクタールともなると桁違いの数を設置する必要があります。

写真提供:PicoCELA株式会社

一方で指向性アンテナは左右15°に絞った方射角で特定の信号を効率よく送受信するため、最大2km程度の長距離間で通信できます。無指向性アンテナではコスパが悪いため、西松建設さんと話し合って指向性アンテナに付け替えることにしたんです。

写真提供:PicoCELA株式会社

カメラを取り付け、巨大な現場の効率化を実現


ーー カメラをつけたことで、現場はどう変わりますか?

加藤氏 事務所で現地のカメラ映像を見られるので、見回りの時間を減らせますし、トラブルがあればすぐに上長に相談できます。例えば、現場で新人社員さんが困ったときに事務所にいる上長に電話すると、上長はカメラ映像を見ながら「こうするといいよ」と具体的なアドバイスができるんです。

写真提供:PicoCELA株式会社

その結果、作業効率が大きく上がりますし、ノウハウの伝承にもつながるんですね。小さな現場ではすでにカメラを導入している工事もありますが、ここまで大規模な現場で実現できたところが喜ばれていますね。

ーー 今回のプロジェクトが成功して、周りの反響はいかがでしたか。

加藤氏 西松建設さんからは「この現場自体はうまくできた」とお話があり、今後も同規模の現場での導入を検討されているようです。他の建設会社さんからも「うちの土木現場にできないか」という反響が非常に多かったですね。


さらに、建設業界に限らず、畜産業、水産業など様々な業界からも依頼や問い合わせが続々来ています。通信範囲が想定以上に広い現場だったので最初はできるかわかりませんでしたが、成功したことで可能性も広がりましたね。

現場全体をWi-Fi化し、データ活用も含めたソリューションへ


ーー 建設業界からの引き合いも多い中、ピコセラとして今後どう成長していきたいと思いますか。

加藤氏 今、建設業界のお客様から、一部ではなく、現場全体をWi-Fi化してほしいという要望が増えています。その理由としては、タブレットやスマートフォンなどのコミュニケーションツールでWi-Fiが必要なだけでなく、現場の人やモノなどの情報の”見える化”がありますね。


当社では今、ピコセラ製品と連携させたクラウド管理システム「PicoManager」のサービスを強化し、電波状況、人や資材、車両などの位置情報や行動情報の”見える化”にも力を入れているところです。そしてこの半年から1年の間で、販売代理店さんやIoT機器を手がけるパートナー企業さんと連携しながら、工事現場全体をWi-Fi化するソリューションを確立したいと考えています。

ーー 建設業界のICT化が進む中、ピコセラの技術のニーズはますます高まるのではないかと実感します。

加藤氏 現在、複数のお客さまと全域Wi-Fi化の実証実験を進めていますが、当社はこれまでにWi-Fi環境をつくる経験を多く重ねてきたので、蓄積されたノウハウをベースに現場全体のWi-Fi化に向けた提案ができます。


「こういう置き方がいいんじゃないか」「こういうソリューションが必要じゃないか」などと先回りして考えられることが、私たちピコセラの一番の強みなんじゃないかなと思いますね。


【編集部 後記】
西松建設と共同し、メガソーラー建設地Wi-Fi構築プロジェクトを成功させたピコセラ。今はWi-Fi環境の構築のみならず、データ活用も含めたソリューションサービスへとさらなる進化を遂げている。建設業界のICT化が進み、通信インフラの整備やトータルなIoTソリューションの必要性が高まる昨今、ピコセラ が担う役割はさらに大きくなっていくだろう。

取材・編集:デジコン編集部
文:平田佳子
撮影:宇佐美亮
WRITTEN by

平田 佳子

ライター歴15年。幅広い業界の広告・Webのライティングのほか、建設会社の人材採用関連の取材・ライティングも多く手がける。祖父が土木・建設の仕事をしていたため、小さな頃から憧れあり。

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。